対象者

30歳以上(婦人科系検査は20歳以上)の被保険者

年齢の計算は、年度中(平成30年4月〜平成31年3月)に対象年齢になる方です。

(例)平成30年3月に40歳になる方が誕生日前に受診した場合→40歳以上の区分

補助の対象

下記の表中の「(1)または(2)人間ドック等」、「(3)脳ドック」、「(4)婦人科系検査」の各健診についてそれぞれ年度に1回の補助を行います。

自己負担

健診費用が補助金額を超える場合、その超える額は自己負担になります。

受診方法と補助金の申請

1.40歳以上の方が「(1)特定健診・一般健康診断・人間ドック」を受診する場合

組合から「案内」、「受診券」及び「特定健康診査票」を郵送します。健診実施機関に直接予約申し込みをして下さい。その際、薬剤師国保の被保険者であることを伝えて下さい。

  • 特定健診実施機関(神奈川・東京)で特定健診のみを受診した場合
  • 契約健診機関で特定健診、一般健康診断、人間ドックを受診した場合
    健診の際、「受診券」を提出することで補助金額分が免除になります。したがって補助金の申請は必要ありません。(補助金額を超えた場合は、超えた額をお支払い下さい。)
  • 上記以外の受診の仕方をする場合(特定健診しか契約していない機関で人間ドック、一般健康診断を受診する場合等)
    窓口で健診費用をお支払い頂き、その後、組合に申請することで補助金が支給されます。
2.それ以外((2)、(3)、(4))について

各健診機関へ直接お申し込み下さい。その際、薬剤師国保の被保険者であることを伝えて下さい。

  • 契約健診機関で受診する場合
    補助額分が免除になりますので、補助金の申請は不要です。
    (補助金額を超えた場合は、超えた額をお支払い下さい。)
  • 契約健診機関以外で受診する場合
    窓口で健診費用をお支払い頂き、その後、組合に申請することで補助金が支給されます。

申請書はこちらからダウンロードいただけます。

健診の種類と補助の内容
健診の種類 対象年齢*1 補助金額 健診機関
(1)特定健診・一般健康診断・人間ドック・PET健診(いずれか1つ) 40歳以上 30,000円 契約健診機関・特定健診実施機関等
(契約健診機関以外も可)
(2)一般健康診断・人間ドック・PET健診(いずれか1つ) 30歳〜
39歳
20,000円 契約健診機関以外も可
(3)脳ドック(脳MRI・MRA含むもの) 40歳以上 30,000円 契約健診機関以外も可
30歳〜
39歳
20,000円
(4)婦人科系検査*2 20歳以上 5,000円 契約健診機関以外も可
*1 年齢の計算は、年度中(平成30年4月〜平成31年3月)に対象年齢になる方です。
*2 婦人科系検査の単独受診希望の場合、対応している機関と対応していない機関(人間ドック等と併診のみ対応)がありますので、詳しくは各機関にご確認下さい。

組合概要

資格と保険料

保険給付

70歳以上の医療

保健事業

申請書類ダウンロード

神薬国保バックナンバー

異動時の手続きについて

よくあるご質問

神奈川県薬剤師国民健康保険組合
〒235-0007
神奈川県横浜市磯子区西町14-11
神奈川県総合薬事保健センター4F
電話:045-761-3245
FAX:045-752-6244